マニュアル評価フロー

マニュアル評価ガイドラインに基く評価

1. 複数の評価者が、ガイドラインに沿った評価を行う。
      

                                    

2. 各評価者の評価結果を取りまとめて報告書を作成。

実際の製品を操作しながらの評価

1. 評価者は、マニュアルを見ながら製品を操作する。
      

                                    

2. 必要に応じて、簡易ユーザビリティテストを実施。
      
※ 簡易ユーザビリティテストとは
被験者に、マニュアルを見ながら操作してもらい、そのとき思ったことを声に出してもらいます。評価者は、被験者の「発話」の記録をマニュアル評価の一助とする手法です。

                                    

3. 評価報告書を作成。